【マネーリテラシーUP】医師がFP3級を取得する5つのメリットとその勉強方法

Study/Picture Book/Review

こんにちは。フリーランス医のDr.さいとーです。

私は2021年春にファイナンシャルプランナー(FP)3級を取得しました。

FP3級は比較的簡単に金融の基礎知識が身につくので、マネーリテラシー上げたい医師の方におすすめの資格です。

Dr.さいとー
Dr.さいとー

金融系の資格の中で、私が一番初めに取得したのはFP3級でしたね!

今回は「医師がFP3級を取得する5つのメリットと勉強方法」について記事にしました。

医師がFP3級をとる5つのメリットと活用方法を解説

・確定申告ができるようになる

・給与所得以外の所得について学べる

・社会保険や社会保障が体系的に学べる

・相続や贈与の仕組みや優遇制度がわかる

・簿記や宅建の基礎知識が身につく

記事内

医師がFP3級をとる5つのメリットと勉強方法を解説

確定申告ができるようになる

まず、FP3級を学ぶことで、確定申告は自分でできるようになります

収入と所得、可処分所得、課税所得、課税標準、所得税率・・・たくさんの用語の意味をマスターできることはとても大きなメリットです。

FP3級を学んで、確定申告に必要な用語を理解し、申告の手続きをスムーズに行いましょう

Dr.さいとー
Dr.さいとー

ふるさと納税、iDeCoや小規模企業共済が所得税にどのように影響しているのかもわかりますよー!

給与所得以外の所得について学べる

医師がもらっている給与所得は所得の中でも控除や経費の余地が少なく、節税しにくい所得と言えます。

給与所得以外にも事業所得、雑所得、不動産所得や一時所得など、所得の種類はたくさんあります。

それぞれの特徴を理解すれば、節税のための工夫の仕方もわかってきます。

社会保険が体系的に学べる

社会保険について、FPを勉強する前まではなんとなくの理解しかありませんでした。

やはり一度体系的に学ぶと基礎ができるので、自分で応用や工夫をこらすようになります。

社会保険制度に使われる側から、制度を使う側に回れます!

Dr.さいとー
Dr.さいとー

マイクロ法人の活用術などはまさに、制度を使う側のいい例ですね!

相続や贈与の仕組みや優遇制度がわかる

親から教わることがなければ、社会に出ても相続や贈与については学ぶ機会はほとんどありません。

FP3級ではおばあちゃんの知恵袋のような相続や贈与の基本が学べます。

また、勉強するまで知らなかった贈与や相続の税制優遇制度などもありました。

Dr.さいとー家
Dr.さいとー家

本当の親孝行は親のお金のことは黙っていることではなく

親のお金のこともしっかり対策してあげることだと思いますね!

簿記や宅建の基礎知識が養える

FP3級の試験範囲は広く浅いイメージで、簿記3級や宅建士試験といった他の資格と勉強範囲がかぶっています。

FP3級を取得していると、簿記や宅建の試験対策になるとはいいませんが、FP以外の資格学習の導入がスムーズになります。

Dr.さいとー
Dr.さいとー

FP3級の知識が他の資格の基礎になってくれます!

FP3級の勉強方法

FP3級の試験勉強は、独学一択です。

FP3級試験の合格に必要な勉強時間は30-100時間程度と言われており、試験前の1~2カ月の勉強で大丈夫です。

合格率も約70%と普通に勉強すれば、難しい試験ではありません。

おすすめの教科書は「みんなが欲しかった!シリーズ」です。

試験勉強としては電子版もいいですが、後から内容を見直すことを考えると紙の書籍の方がおすすめです。

Dr.さいとー
Dr.さいとー

この2冊やっておけば、問題なく合格できますよ!

https://amzn.to/3EqdLRXみんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2022-2023年

みんなが欲しかった! FPの問題集 3級 2022-2023年

医師がFP3級をとる5つのメリットと勉強方法を解説 まとめ

最後までお読みいただいてありがとうございます!

今回の記事のまとめ

医師がFP3級を取得する5つのメリット

確定申告ができるようになる

給与所得以外の所得について学べる

社会保険・社会保障が体系的に学べる

相続や贈与の仕組みや優遇制度がわかる

簿記や宅建の基礎知識が養える

FP3級の勉強方法

☑独学一択

試験前1~2カ月の勉強が必要

☑試験の合格率は約70%

☑市販の教科書で十分合格可能

☑おすすめの教科書は「みんなが欲しかった!シリーズ」

マネーリテラシーを上げたい医師の方にぜひおすすめの資格ですので、興味がある方は資格試験に挑まれてはいかがでしょうか。

「このブログが参考になった!!」

「ここが分からないから聞きたい!!」

という方は、関連記事の下のコメント欄にお気軽にコメントをお願いします!

以上Dr.さいとーでした!

Dr.さいとー
Dr.さいとー

それではまたお会いしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました