【設計士さんと創る家】医師の私が高断熱住宅を建てる理由

Custom home

こんにちは。フリーランス医のDr.さいとーです。

【設計士さんと創る家】シリーズの今回は「医師の私が高断熱住宅を建てる理由」です

Dr.さいとー
Dr.さいとー

これから家を建てようとしている方の参考になれば嬉しいです!!

先に結論

・冬の寒さから家族を守るため

・ヒートショックを予防する

・脱炭素社会にむけた環境にやさしい家造り

記事内

医師の私が高断熱住宅を建てる理由

冬の寒さから家族を守る

寒い家が健康を害する

世界保健機関(WHO)は断熱性能が低い“寒い家”が健康に有害であるとしています。

寒い室温が健康に有害だという証拠は増え続けている。

断熱性、気密性、暖房の不足といった建築的欠如により、寒い室温が外気温からの影響によって生じる。・・・中略 。寒い室温が血圧の上昇、ぜんそくの症状、劣悪なメンタルヘルスにの増加と相関することを示している。

寒い家は死亡率や疾患率の増加をもたらす。

・・・中略・・・

とくに高齢者において、呼吸器系と循環器系の疾病の両方に起因すると考える。

子供においては、冬に増える健康上の障害の多くが、呼吸器系の疾病によるものだ。

WHO Housing and health guidelines 2018

つまり、断熱性能が低い家は居住者の健康を害し、高齢者だけでなく、子供にもなどの呼吸器疾患にも悪影響があることを示唆しています。

それでは家の寒さは体にどのような影響があるのでしょうか。

ヒートショックとは

ヒートショックとは、住居内の気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることをいいます。

この血圧の変動により脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などの血管疾患が起こる可能性があります。

特に11-4月の気温の低い時期に脱衣室の気温が低いことで、入浴事故につながるおそれがあり,

消費者省も注意喚起を行っています。

冬季に多発する高齢者の入浴中の事故に御注意ください! -自宅の浴槽内での不慮の溺水事故が増えています-[PDF:400KB]

ヒートショックを予防するためには、家族の健康のためにも家の温度を下げないことが重要です。

それでは室温は何℃以上ににするべきでしょうか。

室温は18℃以上

住宅内の特に体温の変化が起こりやすい脱衣所などの温度差を小さくする必要があります。

WHOの推奨する室内の最低温度は18℃です。

寒い家を暖かくする措置が健康へのメリットを与えることは明らかであり、18℃という最低温度は広く受け入れられている。

WHO Housing and health guidelines 2018

住宅内の温度差を小さくするには、住宅の外気の影響を受けにくくする断熱性能が重要です。

断熱性能を示す単位としてUA値[W/(㎡・K)](外皮平均熱貫流率)というものがあり、省エネ基準やZEH基準、HEAT20などの基準を設けています。

基準値が一番厳しく設定しているのは「HEAT20」でG(グレード)1〜3で記されています。

また、縦に長い日本列島を8地域に分けて、それぞれの基準値が表に示されています。

HEAT20 外皮性能水準

ちなみに私の住んでいる地域は4地域に該当します。

HEAT20のG1-3における暖房期最低室温は10℃〜15℃となっていることがわかります。

それ以上の温度に保つには暖房が必要になるということです。

私としてはHEAT20のG2~3の間、Ua値では0.3未満を目標に家造りをしていきたいと思いました。

参考書籍

エコハウスのウソ 増補改訂版

後悔しない家づくりのすべて

脱炭素社会にむけた環境にやさしい家造り

地球温暖化に対し、脱炭素社会への対策は待ったなしです。

環境負荷を極力小さくするよう家に長く住むことが、持続可能な家造りの第一歩だと思います。

CO2排出量を抑制する

まずは断熱性能が高いことで暖房・冷房負荷が少ない家にすることができます。

上記のように高断熱にすると光熱費、つまりCO2排出量を削減することができます。

一般社団法人 20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会

私の地域は4地域ですので、HEAT20のG2以上で50%以上の暖房削減効果があるようです。

電力を支給自足する

せっかく断熱を強くしても、石炭や天然ガスなどの天然資源を燃やして作る火力発電に頼るようだと不十分だと、私は思っています。

自宅の使用電力は太陽光発電システムを導入して、自宅の消費電力は自宅で生産できる仕組みを作りたいと思っています。

こちらは別記事で詳細にシュミレーションして解説する予定です。

まとめ

最後までお読みいただいてありがとうございます!

高断熱の家造りは家族と環境を守る上でとても重要だと思います

このブログでは家造りや資産形成に役立つ情報を発信しています。

「このブログが参考になった!!」

「ここが分からないから聞きたい!!」

という方は、関連記事の下のコメント欄にお気軽にコメントをお願いします!

以上Dr.さいとーでした!

Dr.さいとー
Dr.さいとー

それではまたお会いしましょう!!

コメント

  1. 岩本 健吾 より:

    ブログ読ませてもらいました。とても想いが伝わってくる内容でした。
    一点だけ…ご存知であればすいません。
    火力発電は現在は石油はほとんど使われておらず、石炭と天然ガスがほとんどを占めています。
    細かい点ですいません。

    • Dr.さいとー Dr.さいとー より:

      岩本様
      コメントとご指摘ありがとうございます。
      石炭→天然資源としております。
      勉強になりました。ありがとうございます。
      Dr.さいとー

タイトルとURLをコピーしました