【設計士さんと創る家】医師の私が家を建てる4つの理由

Custom home

こんにちは、Dr.さいとーです。

私は今年、2022年度中に注文住宅を建てることにしました。

【フリーランス医の家造り】をシリーズ化していきます。

今回はその第1段「私が家を建てる理由」です。

先に結論! 私が家を建てる理由

・安住の地を手に入れたから

・子供たちのふるさとを作るため

・子供に豊かな地域環境で遊んでもらいたいから

・子供にいい学習環境を用意してあげたいから

記事内

私が家を建てる理由

私は2022年3月で医局を辞めて、フリーランス医になりました。

フリーランス医になるのと同時に進めていた家造りについて書いていきます。

理由1:安住の地を手に入れたから

医局人事で転勤がある勤務医は転勤族に近いです。

転勤が多い場合は家を建てても家で過ごす時間が保証されないので、勤務医時代の私には賃貸物件以外の選択がありませんでした。

しかし、今回医局を離れフリーランス医になったことで医局人事から外れ、自分の好きな地域に永住することができるようになりました。

私は東北の地方都市に永住するつもりです。

安住の地で自宅で過ごす時間が保証されたので、住居に投資してそこで豊かな時間を過ごしたいという気持ちが強くなりました。

私の場合、フリーランス医と家造りは切っても切れない関係でした。

理由2:子供たちのふるさとを作るため

フリーランス医になった理由の一つに「家族の時間を優先したい」があります。

家族の中でも大きな目的の一つが「子供のふるさと」を作ってあげることです。

家で過ごした思い出や地元で遊んだ友達は立派な資産です。

成長して家を出た後も帰ってくる居場所があることは嬉しいことです。

また地元の友達にも会って、昔話で盛り上がれることは非常に大きな価値があると思います。

そんな場所を提供してあげたいという気持ちです。

理由3:子供に豊かな地域環境で遊んでもらいたい

私たち夫婦が考える戸建のいいところは自由に遊べる庭や自然環境、地域社会との関わりだと思っています。

賃貸マンションであれば駅近や中心街に近いなど立地では敵いませんが、

自然と接することや地域住民との関係づくりも子供にとって重要な勉強です

しかもそれは子供が小さい頃こそ重要になってきます。

子供が小学生に上がるくらいまでのゴールデンタイムに豊かな環境を用意してあげることも親としてできることではないかと思っています。

理由4:子供にいい学習環境を作りたい

わが家はまだ勉強や受験などに向けて動き出しているわけではありませんが、できるだけいい学習環境を用意してあげたいと思っています。

もちろん、習い事などの充実も大事ですが、家の立地も学習環境に大きく関わります。

特に中学校は思春期の大事な時期ですし、私たちが住む地域では公立中学でも学校によって校風の差が大きく生じる印象がありました。

わが家は中学校の学区の優先度を上げて、家を建てることにしました。

【フリーランス医の家造り】私が家を建てる理由 まとめ

最後までお読みいただいてありがとうございます!

家づくりは幸せづくりです。

特に、フリーランス医と家造りはとても相性がいいと思っています。

「このブログが参考になった!!」

「ここが分からないから聞きたい!!」

という方は、関連記事の下のコメント欄にお気軽にコメントをお願いします!

以上Dr.さいとーでした!

Dr.さいとー
Dr.さいとー

それではまたお会いしましょう!!

検索エンジン
Dr.さいとー

Dr.さいとー:33歳 医師9年目・消化器外科医,大学院生→フリーランス医に転向。
雑記ブログ「Give &Giブログ」でDIY・金融・ガジェットなどの情報を発信中。
資格:外科専門医、FP3級、簿記3級 宅建
2021年8月 マイクロ法人設立
理念:「GIVEの最大化」
自分の経験から皆様のお役に立てる情報をお届けいたします。
よろしくお願いします!

Dr.さいとーをフォローする
Custom home
スポンサーリンク
Dr.さいとーをフォローする
Give&Giブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました