【医師の資産形成】生活の質を落とさない年間85万円の固定費削減の方法

Finance

こんにちは。Dr.さいとーです。

我が家では家計の取り組みの一つとしてとして、固定費削減を行いました。

結果として、年間約85万円の固定費削減ができましたので、その詳細を記事にしました。

この記事でわかること

・家計を見直しをしたいけど、どこから手をつけていいかわからない。

・生活を落とさないで生活を楽にしたい!

・家計について、どれが固定費でどれが変動費か知りたい!

記事内

生活は苦しくならない節約とは?

固定費とは生産性に関わりなく生じる費用とされ,一般家計では例えば家賃、光熱費、通信費、保険料、サブスクリプションなどを指します。

大事なことは定費は削減しても生活は苦しくならないということです。

この記事では通信費(携帯、インターネット)光熱費銀行手数料クレジットカード保険サブスクリプションに関して固定費削減を行いましたので、それぞれ解説します。

楽天経済圏でできる5つの固定費削減

我が家の固定費削減を語る上で切っても切り離せないのは楽天経済圏です。

生活する範囲をすべて楽天サービスで完結させることを意味します。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)と呼ばれる楽天市場でのポイント還元サービスを多様することで

たくさんある楽天のサービスのうち固定費削減に関係する5つを紹介します。

携帯料金の削減(年間216,000円の削減)

通信料金はキャリアで決まります。

大手キャリアとはdocomo, au, softbankのことです。

今回もとの大手キャリアから格安SIMの楽天モバイルに乗り換えました。

変更前変更後
機種iphone12iphone12
キャリア大手キャリア楽天モバイル
ギガ数50G5G
月々携帯通信料金18,000円/人0円

表から分かるように機種は変更せずに、キャリアを切り替えると通信料金が変化します。

楽天モバイルでは1年間無料キャンペーン中ですので、通信料はかかりません。

楽天ポイント払いにしているため、自己負担は0円です。

電波問題なく使用でき、5G制限を超えても1Mbpsで通信が使えるので文句ないです。

携帯通信料金は携帯2台分で月々18,000円→0円となり,年間216,000円の削減です!

無料期間が終われば料金が発生しますが、支払いはポイント払いにしているので自己負担は0です。

インターネット料金の削減(年間60,456円の削減)

元はソフトバンクエアー(5368円/月)を使っていましたが、楽天ひかり(現在330円/月)に変更しました。

別途、初期登録費800円、標準工事費2,200円〜16,500円かかります。(330円×7回〜50回で分割払い)

うちの場合は集合住宅であるため、1年無料のキャンペーン終了後には3,800円/月になりますが、それでも年間18,816円の削減となります。

2022年2月現在SPUで1%UPの対象ということも見逃せません

インターネット料金は月々5,368円→330円 になり,年間60,456円の削減となりました!

電気料金(年間46,800円の削減)

楽天でんきに切り替え、電気料金が月々8000円→約4100円に削減できました。

実際にはこの2社間で電気料金設定に大きな差はありませんが、料金を楽天ポイント払いにしたため、自己負担が減りました。

楽天ポイント払いのため自己負担は実質0です。

電気料金削減は月々8000円→4100円,年間46,800円となりました! 

美容室料金

2ヶ月に1回の美容室料金は楽天ビューティでポイント払いをしています。

8800円分をポイント払いにして年間52800円の節約となりました。

銀行手数料(年間17,360円削減)

我が家のキャッシュレスへの推移は

完全現金主義 → 地方銀行のインターネットバンキング → 楽天銀行(キャッシュレス移行)

私が使っていた地方銀行のインターネットバンキングは上限20万円まで,他行送金手数料660円、ATM手数料220円でした。

何気なく払っていた銀行手数料も塵積もでその額は年間で20,000円銀行の金利では到底取り戻せる額ではありません。

楽天銀行を利用すれば、楽天銀行間の送金手数料は無料ハッピープログラムATM利用手数料他行送金無料です。上限はありますがそれ以上は送金することはありません。

他の金融機関は月々1回くらいの送金や現金引き出しに使うことがありますが、なるべく利用しないようにしてます。

銀行手数料は年間2万円→2,640円,年間17,360円の削減となりました!

クレジットカード(年間19,800円削減)

アメックスゴールドカードの解約→楽天ゴールドカードへ変更

年会費22,000円→年会費2,200円

アメックスポイントを貯めた時期から楽天ポイントに一本化して生活に生かすことにしました。

還元率はアメックス実質0.3%→楽天カード1%に上がった点も大きかったです。

クレジットカードの変更で年間19,800円の削減となりました!

保険の見直し 

生命保険・入院保険(年間110,268円の削減)

知識のないまま加入した保険は『蓄財型積立生命保険』『ドル建て入院保険』でした。

妻も同様のものに入っていました。月々の保険料は12,699円

「貯蓄,保険,投資」それぞれを分けて考えられなかった結果でした。

専業主婦の妻の保険は全て解約し,私は「破産を防ぐ必要最低限の掛け捨て生命保険」のみに変更,入院保険は解約しました。

「破産にはならない万が一の事態」には貯金で備えることにしました。

月々の保険料は12,699円→3,510円になり, 年間110,268円の削減となりました。

自動車保険(年間238,200円の削減)

自動車保険は自動車購入時に入った,自賠責保険+任意保険(車両保険)月々24,470円/月でした。

保険会社をSBI損保に変更し,車両保険は「破産しない範囲の保険」であるため,解約しました。

自動車保険は24,470円→4,620円,年間238,200円の削減になりました。

医師損害賠償保険(年間22,320円削減)

社会人になりたての時に入ったものでしたが,補償内容を確認して,必要十分な保険に変更しました。

医師賠償保険は月々5,860円→4000円,年間22,320円削減になりました。

サブスク・その他の見直し(年間61,300円の削減)

・スマホアプリのサブスクリプションのうち利用頻度が少ないものを解約。(年間18,000円削減)

・Amazon Prime,Kindleを夫婦で1本化しました。電子書籍も共有できて便利です。(年間4,900円削減

・利用頻度の少ない学会を退会し,年会費を削減しました。(年間30,000円削減

・職場の駐車場解約(年間360,00円

・auのフォトフレーム解約(年間8,400円削減

合計で年間61,300円の削減となりました。

ぱなっぷ(妻)
ぱなっぷ(妻)

一つ一つは小さいですが、長い目で見れば大きな金額になりますね。

生活が苦しくならない固定費削減のまとめ

通信費(携帯、インターネット)光熱費銀行手数料クレジットカード保険サブスクリプションの固定費削減について振り返りました。

合計で年間845,304円の固定費削減でした!!

今回固定費削減を行なってみて,感じたことは様々な契約が整理され、気持ちよかったです。

さらに大事なことは固定費削減をしても生活の質は下がらなかったということです。

今回は夫婦で「どれが削れる固定費だろうか」と毎月案を出し合ったことも夫婦の時間として楽しかったです。引き続き,「家計の日」継続して,生活を見直していきたいです。

さいとー家
さいとー家

固定費削減で生活の質は下げずに,家計を豊かにしていきましょう!

以上です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました